沿革


昭和56年4月(1981年)

共立レジンクラフト(株) 高田工場にて、人工大理石の製造開始

 

昭和58年1月(1983年)

共立産業(株)設立

共立レジンクラフト(株) 高田工場を分離吸収

 

昭和59年4月(1984年)

高田工場を本社所在地に移転、設備増設

 

昭和59年5月(1984年)

人工大理石ボール一体型薄肉洗髪洗面トップを開発し、製造開始

 

平成元年12月(1989年)

新工場(2階建)の増築完了

 

平成2年5月(1990年)

電鋳型による加熱成形を開始

 

平成4年8月(1992年)

業務用カウンターの製作、施工分野への進出

 

平成6年5月(1994年)

設備増強、加工ロボット導入

 

平成11年2月(1999年)

東雲工場を増築

 

平成11年3月(1999年)

注型ラインの拡張及び設備増設

 

平成12年12月(2000年)

海外拠点としてフィリピン・セブに現地法人を開設

 

平成14年1月(2002年)

海外拠点での人工大理石の成形を開始

 

平成16年7月(2004年)

海外拠点にFRP成形型製造技術の移転が完了、海外での一貫体制が整う

 

令和3年4月(2021年)

会社創業40年を迎える

共立レジンクラフト(株)で製造していた船の数々